読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み聞かせしながら、考える。

読み聞かせボランティアで読んだ本の紹介と活動のなかで考えたことを綴ります。

「ほしいものリスト」から絵本が届いた日

昨日の午後、ちょっといろいろあって凹んでいたところに配送業者さんがやってきて、Amazonの荷物を2つ、受け取りました。

1つは私が自分で頼んでいたもの。もう1つはなんだろう、と包みを開けたら先日公開した「スズコのほしいものリスト」に入れていた絵本が2冊。

初めてのことだったのでとてもビックリして包みの中を色々と見ましたが、贈り主がどなたかわかるものは入っていないようでした。

 

 

いただいたのはこの2冊

たこやきのたこさぶろう: ぴっかぴかえほん

たこやきのたこさぶろう: ぴっかぴかえほん

 

 

そりゃあもう いいひだったよ: ぴっかぴかえほん
 

 

どちらも小学館から今年の始めに刊行された「ぴっかぴかえほん」シリーズのものです。

 

気持ちが沈んでいて、最悪だ…とどん底に落ちていた心境のときにちょうど目に入った「そりゃあもういいひだったよ」というタイトル。ぬいぐるみのクマがいろいろな小さなうれしいを綴っている絵本を開いて、目の前のしんどいことにとらわれて周りが見えなくなっている自分が情けなくなってきました。

 

今日を「絵本が届いたいい日」にしたい。

 

そう思って、気持ちを沈ませていた原因について打開するための手を打とうと重い腰を上げることができました。私にとっては一つの転機になった絵本、大事にします。ありがとうございます。

 

さて、今日は届いたばかりの2冊を含む数冊を手に5年生の教室にお邪魔してきました。

 

まず、たこさぶろうを。

 

次に、マック・バーネットさんの「サムとデイブ、あなをほる」を。

サムとデイブ、あなをほる

サムとデイブ、あなをほる

 

 

そして、荒井良二さんの「そりゃあもういいひだったよ」を。

 

実は読み聞かせを始める前に少し気になることが教室で起こりました。

恐らくは多動の特性がありそうな男の子が一人、開始前に教室をうろつきながら私に話しかけてきておしゃべりをしていました。そこへ後ろから別の男の子がその子の特性を揶揄するような発言をし、私と話していた男の子はそれに怒ってその子に手を挙げようとしました。実際に触れたかどうかは確認できない程度でしたが、やられた方の子も揶揄を続けて、お互いに言い合いになっていました。教室の後ろから担任の先生が入ってくると、揶揄していた子たちは黙ってすっと席に着いたのでそのまま進めましたが、言われた方の子は落ち着かない様子でぶつぶつと文句を言い続けていました。

 

「そりゃあもういいひだったよ」を読み終えたとき、毎日の中で意識しないと気づかないけどうれしかったなぁって思うことがあることあるよね、って言ったら、その子が「いいことなんてないよ」と言ったんですね。「毎日いやなことだらけだ」と。

 

恐らくは発達障害だろうその子が、どんな毎日を送っているのかとても気にかかりました。そしてその子の周りの子たちが、どんなふうにこの子との学校生活を受け止めているのかも、気にかかりました。

 

私はただの読み聞かせボランティアで、彼らのそこには踏み込めません。

 

そうだね、いやなことばっかりのこともあるよね。おばちゃんも昨日とてもいやなことがあってね、でもそのときに突然欲しかった絵本が届いてとてもうれしかったのね。と絵本を贈ってもらったことを話したら、子供たちも興味津々で聞いてくれていました。

 

些細なことをうれしいと思えるといいねってこと、小さな綺麗な小石をひろったり、トンビ以外の猛禽類を見つけたり、風が気持ちよかったり、誰かがちょっと優しくしてくれたり。

 

いやなこともいっぱいある毎日だけど、うれしいことを見つけたときにその日が「そりゃあいいひ」になることもあるかもしれないなぁ。そう思えるような、そんな家庭環境が、そんな学校生活が、子供たちみんなに用意されていたらいいのになぁ、とそんなことを思いながら、5年生の教室を後にしました。

「よみきかせ」だけど、踊ろう!

今日は「踊れる絵本」のご紹介。

本当は真冬に紹介したかった本なのだけど、更新をサボっていてもう春がそこまで来てしまいました…

 

でも先日の読み聞かせの日は小さな雪がちらつく寒い寒い朝だったので、この本を持って教室へ。

だいおういかのいかたろう (ひまわりえほんシリーズ)

だいおういかのいかたろう (ひまわりえほんシリーズ)

 

2人組の絵本作家、ザ・キャビンカンパニーさんの「だいおういかのいかたろう」。独特の作風で描かれる絵が印象的な絵本です。この絵本、なにがいいって「踊れる」んです。

寒い冬に湖で凍り付いてしまったいかたろうをこどもたちが助けるお話。お礼にといかたろうが教えてくれるのが、イカダンス。

 

ゆっくり読んでも時間は5分くらいで終わるお話なのだけど、後半にはさまっているイカダンスのページになったところで「よし、一緒におどろう〜〜〜!」と立って広がってもらって。

 

ダンスは簡単。歌も抑揚があまり無く難しくないしゆっくり踊れてふりも覚えやすいので、1回やれば子どもたちはすぐに自分のものにしてしまいます。

 

キャビンカンパニーさんたちのすごいところはこれ…

 


いかたろうのイカダンス

 

イカダンスの動画があるんです。作家自身が動画を自作して発信しているという新しい取組み…じゃないかなぁ。

この中で作者の阿部さんと吉岡さんがアトリエにしている由布の小さな廃校の前で実際にイカダンスの解説をしてくれるというなんとも豪華な。

 

動画で予習していけば読み聞かせの場でもばっちり踊れる、はず。

ぽっかぽっかしてきた♪ のところで頭をポカポカなぐる仕草をするようアドバイスするのがポイントです。あとは決めポーズをかっこ良く!

 

先日の一年生の教室では時間が少し余ったので3回くらい子どもたちと踊ってみんなでポカポカになって大笑いしました。幼児や低学年はめっちゃ食いつくと思います。

 

キャビンカンパニーさんの絵本×動画コラボは他にも

 

はみがき あわこちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

はみがき あわこちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

 

 「はみがきあわこちゃん」のはみがきマーチ(これは何が秀逸って、動画が3分間あるんです。家で歯みがきをするときにこの動画を流せば終わりまでに3分きっちり磨けてしまうという!素晴らしい!)


あわこちゃんの はみがきマーチ

 

ほこほこのがっこう

ほこほこのがっこう

 

「ほこほこのがっこう」の校歌、など…。 


ほこほこのがっこう 校歌

 

絵本の世界と音や映像がリンクしていく、自分も一緒に踊れる、一緒にはみがきできる、一緒に歌える、という素敵な仕組み。

 

一緒に歌える、というコンセプトだと

ねこのピート だいすきなしろいくつ

ねこのピート だいすきなしろいくつ

 

 「ねこのピート」も譜面が巻末についていて「歌える」絵本だなぁと思います。

この絵本は同じメロディで歌詞を少しずつ変える形でお話が進んでいくので、最初は読み手だけが歌っていてもだんだん子どもたちも一緒に歌い始めたりすることも。

 

子どもたちの中には「おはなしのときは静かに」って指導されているのを守ろうとして制してくれたりするケースもあるので、その辺は場の雰囲気やクラスの空気に合わせて臨機応変に対応してます。あちこちで歌い始めて収集がつかなくなりそうなときも、すこし間を空けてから大きめの声で次の言葉を出すとすっと静かになったりも。

 

ずっと静かにして一方的に聴かねばならない、っていうのは私もなんだか堅苦しくてしんどくなってしまうので、歌ったり踊ったりしながら楽しい時間を作るには…とよくあれこれ探しています。

「女王さまの影ー動物たちの視覚のはなし」〜大人数向けの読み聞かせに

3年生の教室に、先日発売されたばかりの新しい絵本を持って行きました。

女王さまの影―動物たちの視覚のはなし

女王さまの影―動物たちの視覚のはなし

 

 

一見おとぎ話のような想定ですが、中身は立派な科学の本です。

舞台となるのは中世のヨーロッパを想起させるイメージのとあるお城。表紙の右側に描かれているお城の主である女王さまが開いた舞踏会で、盗難事件が起こります。女王さまの影が盗まれてしまったのです。

 

事件の捜査に乗り出したのは女王さまに雇われている探偵のシャコ。 

女王さまに突進していた!と疑いをかけられたヤギは「わたしには真正面においでになる女王さまが見えなかったのです。わたしにとって真正面は死角です。」と弁明。

こんなふうに宴に招待されているサメやトンボやダイオウイカなどさまざまな生き物たちが自らにかけられた容疑を晴らそうと次々と証言をします。そしてその証言それぞれが、それぞれの生き物の視覚の特徴に基づいて繰り広げられていく形でお話が進んでいきます。

 

この本を始めて手に取って中をざっと流し読みしたとき、大人数向けの読み聞かせに適した本に出会えた、と思いました。

 

小学生向けの読み聞かせの選書で悩む理由の一つに、人数の多さ、興味の多様さがあります。中学年以降だと特に、自分の好きなもの、興味のあること、逆に興味がまったくないこと、どうでもいい分野というのが個人のなかで割とはっきりと線引きが見え始めてくるのかなと観察していて感じます。

 

科学の本が好きな子もいればまったく興味の無い子も、虫なんて嫌いという子もいる。

その多様な環境の中で「虫」だけに特化した絵本を選ぶことは興味のある子は喜ぶけれど一部はまったく反応しないというリスクを背負うことにも繋がってしまうかもしれない。もちろんその読み聞かせの経験を通して興味の無かった分野に目を向けるきっかけにして欲しいという大人としての希望のようなものもあるのですが…。

 

この絵本が秀逸なのは、そのリスクをうまく回避する構成になっていること。

 

科学好きな子の目を引く登場人物たちとそれぞれの視覚についての解説。

シャコ探偵が容疑者から次々と話を聞いて真犯人を突き止めようとする推理小説のような要素に興味を持つかもという要素。

これはおまけ的ですが「女王さま」「お城」「舞踏会」 という、小さい子たちが割と好きな要素も含まれている。

 

それぞれの生き物が詳細まで丁寧に描かれたシベール・ヤングさんの版画、日本の絵本にはあまり見かけ無い印象的な配色。絵画としても楽しめ、また生き物の形態を学ぶための教材としても秀逸です。

読み物としては各ページの右端に添えられた視覚についての短い註釈と巻末の丁寧な説明のページで科学的な興味を持った子が更に学ぶためのきっかけとしても役立てられそうです。

 

そして、付属的ではありますが「見えているものが皆同じではない」という道徳的な話に繋げる導入としても使えるなと。

 

今回は3年生の教室で読んだのですが、その場でも、ここに描かれている生物それぞれの物の見え方が違うように、隣同士の君たちの見えている物がそれぞれ同じとは限らない、特定の色が見えないという障害もあるし、沢山の視覚的情報を取り込み過ぎてしまうという特性を持つ人も居る。30数名いるこのクラスのお友達も、読み聞かせに来ている私も、先生も、みんなそれぞれ違う世界を見ているのかもしれないよ、というお話をして読み聞かせの時間を締めました。

 

限定的な内容に特化した絵本も魅力的ですが、大人数への読み聞かせに使うのに難しいことも。そんな中でこんな多彩な内容を持つ絵本にはなかなか出会えないんじゃないかなと思います。

 

科学的な内容としては小学校中学年〜高学年くらいに適しているようではありますが興味を持つためのきっかけを持ってもらうという程度であれば幼稚園児や小学校低学年に読んでも面白いのではないかと思います。

今後もいろんなクラスでの読み聞かせに活用出来そうな、そんな一冊です。

鼻をほじほじ、ストローぶくぶく。「りゆうがあります」

2年生の教室におじゃました、先日の読み聞かせの時間。

持って行ったの「りんごかもしれない」や「ぼくのニセモノをつくるには」のヨシタケシンスケさんの「りゆうがあります」

 

主人公の男の子は鼻をほじほじ、イスをがたがた、ストローでぶくぶく、ストローをがじがじ…それをお母さんに咎められて「理由があったら鼻をほじってもいいんじゃないか」と考える。。

 

お母さんと主人公の男の子の会話の部分もあって読み聞かせをするのはちょっとむずかしいのかな〜と思ったのですが、内容的に絶対低学年にウケる!と思ったので持って行ってみました。

 

絵本を広げている手と反対の手で、指をがじがじしてみせたり、先生のイスに座ってがたがた貧乏ゆすりをしてみせたり。ちょっと演技を入れながらの読み聞かせ。こどもたちは鼻ほじほじやストローぶくぶくの荒唐無稽な理由にいちいち大笑い。

大きな声でつっこみを入れる子もチラホラでてきたところで一人の子が「〜〜くんうるさい!」と怒って言ったので「だいじょうぶだよ、おばちゃん、もっと大きい声で話すから、聴こえる?」ってお返事。

 

読み聞かせをしていると、これ、たまに遭遇する場面です。

合いの手を入れてくれる子やネタに対して突っ込みをいちいち入れてくれる子がちらほら居る中で、それに対して怒る子、注意する子、指摘する子。それが元でケンカが起こったことも過去にありました。(そこまで至っちゃったことは場を仕切る私の力不足だったなぁと後からすごい反省しました…)

 

読み聞かせは静かに聴くものなのか、声を出して楽しんでもいいものなのか、それは答えの無い課題なのかもしれません。40人ちかい児童が一斉に聴いている場なので全員がみんな納得したり楽しめたりすることはそうそうないのかもしれなくて、だからうるさいなぁと思う子も、黙っとかなくちゃいけなくてしんどいなぁいやだなぁと思う子も、どっちもを満足させることは難しいのかもしれない。

 

こどもたちも「読み聞かせのときはおしゃべりはしちゃいけない」と思っている子もいるみたいだし、先生がどんな風に指導しているのかも私にはわからないので、なにが正解なのかはよくわからないのだけど、私は楽しい絵本を読んでいるときは楽しくなって声を出しちゃう子がいても良いと思うので周りの子が嫌にならない程度にその子とのやりとりも含めての読み聞かせの場にしようと思ってのお返事でした。

 

今のところはまだあまり無いけど、静かに聴き入って欲しい本を読むときに口が過ぎる子が居たら注意をしてしまうこともあるのかもだな。落ち着きが無い子の行動はスルーしたり台詞を大きめの声で読むことで注意を惹き付けたりして静かにするよう促すことはたまに。

 

爪噛みの癖があるのかな、聴き入りながら口に手をやっていた女の子と目が合ってお互いにイヒヒって笑っちゃったりするひとこまも。

 

次は1年生なのでそっちにも持って行ってみようかな〜と考えている絵本です。

 

時間が余ったのでもう1冊は夏の絵本「キャンプ!キャンプ!キャンプ!」(Amazonには中古しか無いみたいだから廃盤になったのかな)娘が好きな、夏のキャンプの1日を描いた絵本です。こどもの絵日記のような「ぼく」の視点から書かれた文章、特に目新しいこともないしなんてことないキャンプの様子が描かれているのですが、なぜか子供たちに何度も読んでとせがまれる1冊です。

 

 ヨシタケさんの著作をご紹介。どっちも、年齢により楽しみ方がそれぞれありそうな、そんな絵本です。

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 

ぼくのニセモノをつくるには
 

 

マック・バーネットさんという絵本作家さん。

以前録画しておいた番組をぽつぽつ消化しているときにみた、NHK「スーパープレゼンテーション」の3.11放送分。アメリカの絵本作家マック・バーネットさんの回でした。

 

3月11日放送 | これまでの放送 | スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン

 

「アナベルとふしぎなけいと」を見かけたことはあったのですが、ちゃんと読んだことはなかった作家さん。早速取り寄せた一冊が「サムとデイブ、あなをほる」

 

サムとデイブ、あなをほる

サムとデイブ、あなをほる

 

 届いてすぐにうちの子たちに読んであげたらどはまりの三男。何度も繰り返し読んでくれとせがまれました。

 

毎晩毎晩寝かしつけ絵本として登場していたこの本を、先日1年生の読み聞かせに持って行きました。

 

お話もさることながら、この絵本のキモはジョン・クラッセンさんの絵。

柔らかい色調で少し細かいので遠くでは見えないかもと思って、後ろの方は見えなかったら前に来ていいよ、とあらかじめ移動してもらいましたが、空間を上手に使ったイラストに子どもたちは食い入るように見入っていました。

 

掘り進めて行く過程で文字にはあらわれないけど見えているあんなことやこんなこと。一生懸命掘っているのに宝物になかなか出会えないサムとデイブ、子どもたちは「あーーー!」「あそこーーーー!」と指を指して大きな声をあげてくれ、ページをめくるごとにその声は大きくなっていきます。

声はあげても周囲と話すわけではなく気持ちは本に向かってくれているので、こういう感じで声を出すのは読み聞かせの上で邪魔になることもなくむしろ雰囲気が良くなることが多いような気がします。おとなしく座って聴いている子の邪魔にならない程度の雰囲気になるよう、あまり声が大きい子が居るときはおしゃべりが続かないような配慮をすることが多いです。直接注意してしまうとお話が途切れてしまって空気が途切れてしまうので、読み進める言葉の感覚を少しあけてその子の発言が途切れるのを待ったりすることが多いかな。

明らかに不適切に大きな声で揶揄したり調子に乗って騒ぎだしたりする子が居たら、無視です。反応したら調子に乗るから。でも物語にのって反応を示してくれてる子には読みながら言葉を返すことも。

 

私がこの絵本の中で好きなのは、飲み物が水筒に入った「チョコレートミルク」と、おじいちゃんのハンカチにつつんだ「どうぶつビスケット」。小さい頃に憧れた、絵本のなかのいろんな食べ物や描かれた外国の風景、物語の醍醐味はここだなぁと思うのです。今回の読み聞かせの途中でも「チョコレートミルク!?」って反応してくれた子がいて、なんだかうふふっとなったのでした。

 

マック・バーネットさんの絵本で気になっているのはこれ。

 

Billy Twitters and His Blue Whale Problem

Billy Twitters and His Blue Whale Problem

 

 ママに叱られるたびに脅しとして「クジラを買ってくるわよ!」と脅されていたビリーの家に本当にクジラがやってきてしまう、というお話らしいのだけどどうやら邦訳はされてない模様。番組の中で紹介されていたのですが、カバーの裏には応募すればクジラがご自宅に届きます!っていう宛先が書いてあるらしい…!

取り寄せて、読み聞かせで使いたいなぁ。

洋書でも自力で和訳すれば読んであげられるのは、読み聞かせの楽しみの一つかも。

 

余談ですが、↑のクジラの応募先、ハガキ?を送るとマック・バーネットさんから「税関の関係でクジラをお届けできなくなりました」という本格的な嘘をついたお手紙が届いたり、クジラと話せる電話番号が教えてもらえたりするというお話も番組内で紹介されていました。

クジラの留守番電話に定期的に電話をかけて来てくれる男の子の声が流れていたのだけど、クリスマスの挨拶を、とか、おばあちゃんのことが嫌いになった話を、とか、たまにかけてきて自分の事を自分のクジラに話してくれる、こういう、思い出して電話をかける先があるのって、なんかいいなと思いました。

 

私が、ふらっと立ち寄れる文庫がいつか自宅で開けたらと思っているのもそういう、時々思い出して関われる先になりたいからかもしれません。マックさん主催の作文教室も、教室への入り口が「タイムトラベルしてきたコンビニ」という不思議なコンセプトで海賊用のグッズが売られていたり店員さんが色んな時代のコスプレをしていたり。発想がとっても面白くて、もっと色々知りたいなぁと思う作家さんのひとりです。

娘の選んだ絵本と、読み聞かせの手法

読み聞かせボランティアを始める前に、読み聞かせの手法について色々と調べたり読んだりしてみたことがありました。

suminotiger.hatenadiary.jp

 

色々と眺めていたら「読み聞かせのときは声になるべく抑揚をつけず声色をつかったりせずに淡々と読んだほうがいい」という意見が多く見られて、こんなので楽しいの???と思ってしまったから。

読み聞かせ=絵本を通したエンターテイメントの時間、と思っていたので、私はいままで子どもたちに対しても面白がって聴いてくれるような読み方をすることが良くありました。役になりきって演じたり、関西弁の本や落語の本をそのイントネーションで読んでみたり。

でも、読み聞かせの主流では「演じちゃダメ」という。なんで~???って疑問符がたくさんでした。

そんなことをtwitterでぶつぶつ言ってたら、色んな方がご意見をくださって、その会話を通していろんなことが見えてきました。

大事なのは、読み聞かせで一番大事なのは何か?ということ。

声色を使って面白く演じて読んであげること、それは子どもたちにとって楽しいかもしれないけど、その印象が強すぎると絵本そのものの印象が薄まってしまうかもしれない。だから、絵本の世界を大事にするためにはなるべく読み手の印象を強めてはならない、というのが、なるべく淡々と、という指導の意図のようです。

なるほど。

読み手が派手に演じてしまうと、その後その本を読み返すときもそのイメージがついてきてしまうかもしれない、それは確かによろしくない。 

 

読み手の印象が強く付き過ぎないように読むのがよろしい、という読み聞かせの手法についてそれが正しいのかどうか、私は自分の中でこれだっていう答えが出せずに1年が過ぎました。

本やその場の子どもたちの雰囲気に沿うようにとそのときどきで考えて、色々と読み方を変えてみたり工夫してみたり、発展途上という感じです。

 

私の参加している読み聞かせボランティアのサークルには、教員をリタイアされた年配の方々や地域の年長者の方、小学生のお母さんたちなど年代も様々。その中に、まるで演技をするように読み聞かせをしてくれる方がいらっしゃいます。セリフを読むように感情を込め、ときに身振りや手振りも交えて演じながら、一冊の絵本というより一つのお芝居を見ているような、そんな劇場型読み聞かせ。

 

私が最初に調べたりした、いわゆる読み聞かせのスタンダードな手法からいくとたぶんNGなその読み聞かせ、子どもたちの反応はどうなんだろう…と興味津々の私は自分の当番ではない日に見学させてもらったり、うちの子たちの感想を聞いてみたり。

 

そんな中、子どもたちと図書館に行った後に気づきました。

娘の図書館用バッグの中に、その劇場型読み聞かせの方が少し前に読んでくれた絵本。それを見て、なんだか嬉しくなりました。

 

そういえば読み聞かせのある曜日の前、娘はいつも私に「今度は誰が来る?」と聞いてきます。当番表を見て誰かを教えると「○○さん(上記の方)がいいなぁ」と漏らすことも。どんなところが好きなのかを尋ねると、とにかく楽しみなの、と娘。読んでくれる絵本も面白いし、お話の仕方も楽しくて、きてくれると嬉しい、と。

 

当番表には、学校からサークルへ希望することとして

「読み聞かせを通して子どもたちが本に興味を持つよう、読むきっかけになるように働きかけて欲しい」

と書かれています。

読み聞かせを楽しみにして、読んでくれた絵本を選んで借りて来た、これ、学校が求めていることそのまんまだなぁと。

 

どんな読み方が良いか、私はまだ自分の中でしっくりくる答えが出せていません。

劇場型だと楽しいかもしれないけど、前のブログ記事に書いたように本に余計なイメージを植え付けてしまうかもしれない、それがどんな影響を与えるのかまだよくわかりません。

でも子どもたちが、本を、お話を、聞かせてもらう時間を、楽しみにしてくれるような活動が出来る人になりたいなぁと娘の話を聞きながら思ったりしています。

 

 

新学期最初に低学年のクラスで読んだのはこれ。

おばけの花見 (キラキラえほん)

おばけの花見 (キラキラえほん)

 

 絵本を縦にするシーンあり、オノマトペもたくさんありで盛り上がりました。

「このよで いちばん はやいのは」卒業生へ送った言葉

こちらのブログをかなりほったらかしてしまっていましたが、少し時間が出来たので昨年度末の卒業する6年生への最後の読み聞かせのことを書いておこうと思います。

 

選んだ本は「このよで いちばん はやいのは」

※ 本の結末に関する記述がありますので気になる方は続きは本を読んでからにしていただければと思います。

 

本の表紙を見せて「さてこの世で一番はやいの、なんだと思う?」とまず問いかけてみました。

「音!」「光?」あちこちから、大きな声や小さな声が次々と。さすがは6年生、これを低学年で聞くとまずはチーターとか新幹線とか出てくるんだろうなと思います。

 

「さてなんでしょう、という、お話です」

 

絵本の中には、生き物から人間が作ったもの、音、光、いわゆる「はやいもの」が順番に出てきます。そしてこの絵本の中で最後に「いちばんはやい」として出てくるもの、それは「みんなの想像力」目を閉じて思い浮かべればすぐにどこへでもいくことができる、その想像力が、この世で一番早いもの。

 

という結末。

ほんの最後で「目を閉じてごらん」と促す記述があります。

それに従って目を閉じていた子どもたち。読み終えて目をあけた子どもたちに、読み聞かせボランティアとしての言葉を最後に贈りました。

 

この絵本に書かれていた、この世で一番早い、君たちの持っている想像力。

その想像力は君たちの中でどこまでも広がっていく大きな海なのだけれど、でもその海はまたひからびてしまうこともあります。海をひからびさせないために必要なこと、海をどんどん広げて行くために必要なこと、それはなんだと思う?

 

それは「知識」です。

もう一度目を閉じて「アメリカ」を想像してみてごらん。

君たちの脳の中に今思い描かれたアメリカは、どこからか湧いてきたものではなくて、君たちがテレビで見たり、本を読んだり、人から聞いたり、実際に行ってみたりした、その経験から得た知識で作られています。アメリカのことを見たことも聞いた事も無ければ、思い描くことも難しい。知識がなければ、想像の海は広がることができずに簡単にひからびてしまう。

だから。

君たちが持っているその想像力を、もっともっと深く広い海にするために、たくさんの知識を得て下さい。色々な経験をして、色々な知識を得て、考える力を身につけて欲しいなと思います。

そしてそのために君たちができること、そのひとつが、本を読むことです。君たちが疑問に思うこと、その答えの多くは恐らくは市立図書館の蔵書の中にあります。行った事の無い違う世界を見せてくれることもあります。自分が想像もつかなかったことを教えてくれることもある。ちょっと辛いときにそれを忘れさせてくれることもある。

 

そして、図書館は一日中そこにいても迷惑なことをしない限り誰も君たちを邪魔にしない、居場所にもなってくれる。冷房も暖房もきいていて、音楽も聴けるし、漫画も読める。

 

本は、たくさんのことを教えてくれます。困ったときに助けてくれます。

これからの君たちの未来に、本から色んな助けが得られるよう、読み聞かせのおばちゃんとして祈っています。卒業、おめでとう。

 

 

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)